ヒト幹細胞培養液には、500種類以上のタンパク質が入っており、そのタンパク質の中には150種類以上さまざまな種類のグロスファクターが豊富に含まれており、エイジングケアに必要な機能の発揮が期待されます。

 

 

~ヒト幹細胞と植物幹細胞~

化粧品に用いられる肝細胞由来成分にはヒト由来の肝細胞と植物由来の肝細胞があります。

細胞活性化という言葉をよく耳にしますが、細胞の表面には特定の形をした鍵穴(レセプター)が存在し、その鍵穴にピッタリ合う鍵(リカルド)となる物質が結びつくことにより活性が始まります。

しかし、植物の細胞にはレセプターとリカルドの仕組みは存在せず、どのようにエイジングケアが出来るのか不透明な部分が多いようです。レセプターとリカルドの仕組みは動物特有の情報伝達手段であり、ヒト由来肝細胞培養液には細胞の鍵穴(レセプター)に一致する鍵(リカルド)となる

成長因子サイントカインが豊富に含んでいることがわかっており組織再生効果があるとされ、再生美容分野・化粧品の有用成分としての可能性が大きく期待されています。